029-292-8717

歯周治療

歯周病治療の症例

歯周病は、細菌による感染症です。
歯周病の発症や進行には患者さんの生活習慣が大いに影響する為、糖尿病や高血圧症と同じ生活習慣病と考えられています。毎日のブラッシング、食生活、ストレス、喫煙などによって、病状の進行は大いに影響を受けます。
ただの感染症であれば抗菌剤等で細菌を駆除すれば治るわけですが、歯周病の治療には生活習慣の改善が不可欠です。
当院では、衛生士の担当制にすることで、より患者さんの身近な存在として生活習慣の改善をお手伝いさせて頂いております。

このコーナーでは、患者さんのご好意により、初診から現在に至るまでの担当衛生士の業務記録をご紹介させて頂いております。
Case~の太文字見出しをクリックしていただくと、各症例ごとの詳細ページへリンクしています。


Case7:侵襲性歯周炎の治療 =非外科=(New)

Case7:侵襲性歯周炎の治療 =非外科=

【名前】K・Hさん(女性)
【生年】1967年
【既往歴・現病歴】なし
【初診日】2008年9月10日
【主訴】奥歯が痛む。下の前歯がグラグラする。
【所見】
全顎的にプラークコントロール不良で多量の歯石が沈着し、多数歯にわたり動揺がみられ、強い口臭も確認できた。また、前歯部はフレアーアウトしている。治療の経験は少なく、カリエスリスクは低いものの、年齢の割に歯周病がかなり進行している事から、侵襲性歯周炎に罹患している事が予想された。歯周病に対する知識・自覚共ほとんどない。
また、口呼吸があり唾液量の減少からか、口唇の乾燥も顕著にみられる。


Case6:喫煙と歯周病治療

Case6:喫煙と歯周病治療

【名前】T.Iさん(男性)
【生年】1961年
【既往歴・現病歴】なし
【初診日】2001年5月16日
【主訴】左下の奥歯が痛む。
【所見】
喫煙による歯肉の繊維化と、喫煙者特有の下顎前歯周辺の歯肉の発赤が見られ、口腔乾燥とプラークコントロール不良のためおきたであろうと思われる上顎前歯部のフレアアウトとカリエス部位多数、咬合関係不良などの点から長期的な治療が予測されました。


Case5:サリバテスト

Case5:サリバテスト

【名前】T.Hさん(女性)
【生年】1965年
【既往歴・現病歴】なし
【初診日】2001年11月9日
【主訴】前歯が取れた。
【所見】
一見してきれいそうな口腔内に見えましたが隣接面、歯頸部にプラークが付着しており、2次カリエスが多く見られカリエスリスクが高そう。右下の欠損部は義歯を未装着。


Case4:歯周病治療と糖尿病

Case4:歯周病治療と糖尿病

【名前】N.Fさん(女性)
【生年】1947年
【既往歴・現病歴】糖尿病、高血圧
【初診日】2005年9月24日
【主訴】左下に少し痛みがある。全体的に虫歯の治療をして欲しい。
【所見】
臼歯部には何本かの残根があり、臼歯の咬合崩壊による上顎前歯のフレアーアウトが見られ、進行した歯周疾患であった。
しかし患者さん自身は、歯周病に対する自覚、知識ともにほとんど無く、ご自身の口腔内にあまり関心がなさそうに感じられた。また調理師という職業柄どうしても間食が多くなってしまうので、糖尿病治療の観点からも生活習慣の見直しが必要。


Case3:サリバテスト

Case3:サリバテスト

【名前】K.Tさん(女性)
【生年】1940年
【既往歴・現病歴】なし
【初診日】2001年4月23日
【主訴】左下の金属が1年前にとれた。
【所見】
補綴物の2次カリエスによる脱離が多くみられ、カリエスは歯肉縁下まで及んでいる。プラークコントロール不良により、歯肉の発赤・腫脹がみられる。放置されたカリエスが多く、口腔内への感心が低そう。


Case2:カリエスと歯周病

Case2:カリエスと歯周病

【名前】W.Tさん(女性)
【生年】1946年
【既往歴・現病歴】なし
【初診日】2000年9月5日
【主訴】全体的に歯槽膿漏で熱いもの・冷たいものがしみる。 特に左下の奥にすこし痛みがある。 
【所見】
歯肉の色は全体的に赤みを帯びていて、歯冠乳頭部の腫脹、発赤、歯の動揺など重度の歯周疾患。
ほとんどの歯に虫歯治療がされていて虫歯になりやすい口腔環境らしい。


Case1:開口(口呼吸)

Case1:開口(口呼吸)

【名前】K.Mさん(女性)
【生年】1965年
【既往歴・現病歴】なし
【初診日】2000年3月21日
【主訴】右上の奥歯が痛む
【所見】
主訴は虫歯による疼痛。初診時の口腔内は全顎的な歯肉の発赤と腫脹・多量の歯石沈着があり、強い口臭が目立つ。
プラークコントロール不良ではあるが虫歯箇所が少なく、歯科治療の経験は少ないと思われる。