029-292-8717

インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは失った歯のかわりに純チタンでできた人工の歯根を骨内に埋入し、その人工歯根に歯を固定する治療法です。


治療例に見る治療費、治療期間の違い

前歯を1本失った場合

前歯を1本失った場合 従来の治療法 <従来の治療法>
両側の健康な歯を削る必要があります。


前歯を1本失った場合 インプラント治療 <インプラント治療>
健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。
比較表


奥歯を失った場合

奥歯を失った場合 従来の治療法 <従来の治療法>
・金属の止具などに違和感を感じ見た目も良くありません。
・硬いものを安心して食べられません。


奥歯を失った場合 インプラント治療 <インプラント治療>
・止具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。
・しっかり固定されているので硬いものを食べても安心です。
比較表


すべての歯を失った場合

すべての歯を失った場合 従来の治療法 <従来の治療法>
両側の健康な歯を削る必要があります。


すべての歯を失った場合 インプラント治療 <インプラント治療>
健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。
比較表


総入れ歯が不安定な場合

総入れ歯が不安定な場合 従来の治療法 <従来の治療法>
・入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し
・入れ歯安定剤では、人前で外れるなど不安があります。


総入れ歯が不安定な場合 インプラント治療 <インプラント治療>
入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。
比較表


オプション治療(保険外治療)

1.精密診断:4万円

インプラント治療を適切に行うためには、顎の骨を詳しく調べることが重要です。
そこで、提携病院にてCT検査を行うことによって顎の骨の断面画像撮影し、専用のソフト(Simplant)による画像を見ながら治療計画を立てていきます。より安全で無理のない治療を受けることが出来る最新の方法です。

2.静脈内沈静法:5万円~

鎮静剤を点滴で静脈内投与し、不安感や緊張感を和らげる方法です。沈静されている患者さんは、安らかな気持ちになり、さらに手術による痛み、不安もなくなり円滑な治療が受けられる方法です。さらに術中は全身状態を生体情報モニターで監視し,患者さんの安全を確保しております。

3.GBR(骨誘導再生法):3万円~

歯が抜けたことによりインプラントを埋入する骨の不足が生じることがあります。そのため生体材料を移植しインプラントを埋入する骨量を増やす方法です。

4.サイナスリフト(上顎洞挙上術):10万円~

上顎の奥歯の骨は上顎洞(サイナス)という上顎の中の骨の空洞により、埋入する骨の高さに制限が出来てしまいます。そのため上顎洞の中に生体材料を移植し、インプラントを埋入する骨量を増やす方法です。


▼詳しくは下記のホームページへ
 スプラインHAインプラント
スプライン HAインプラント