029-292-8717

自家歯牙移植

自家歯牙移植とは

むし歯や歯周病などで歯を失った部位に、自分の違う歯を移し入れる方法。生体に優しく、歯の機能を生かした方法で条件が合えばとても有効です。


自家歯牙移植の流れ

「自家歯牙移植」月星光博 編著より

本来の移植

大きな虫歯が原因で根の先に大きな膿の袋が出来てしまい、抜歯が必要です。

虫歯の歯の抜歯と移植をする智歯(親知らず)の抜歯をします。

虫歯で抜いた歯の穴に智歯(親知らず)を固定(1~2ヶ月)します。

移植した歯の歯根周囲に骨が形成され、健康な歯と同じように機能します。


外科的整直

手前の歯を早期に失い放置したため歯が手前に倒れ、このままでは治療が困難。

いったん歯を抜いて、抜いた歯の穴を方向修正します。

歯の固定をします。

ブリッジにより修復します。


外科的挺出

大きな虫歯のためこのままでは保存不可能です。

いったん歯を抜歯、虫歯の部分を除去します。

健康な歯の部分を歯茎の上に出して固定します。

歯冠部をクラウンで修復します。


再植

歯根の中に金属の支柱が装着され、通常の根の治療が出来ません。

いったん抜歯をして、根の先から根の治療をします。

抜いた歯を元の位置に戻します。

根の先の膿の袋は健康な骨に変わりました。